« 足元 | トップページ | 洒落 »

2008.07.05

奇跡

 
こんにちは、社長の宮崎です。
 
 
 
先程まで
 
高校の時の地元の友達と電話で話をしていました。
 
 
 
毎月の恒例行事になりつつあります。
 
 
 
会話の始めも
 
私:「もしもし、何の用?」
 
友達:「いや、たいした用は無いんだけど。」
 
私:「じゃあ、切るね。」
 
友達:「いや!いや!いや!」
 
 
 
この流れも
 
恒例になってきました…。
 
 
 
会話も
 
大体は同じです。
 
 
 
お互いの事を
 
いい人、面白い、魅力満載、天才等と
 
褒め合うか、
 
高校の思い出話か、
 
友達の仕事の愚痴を聞くか。
 
 
 
この3つの話題のどれかです。
 
 
 
で、共通するのは
 
友達が
 
私に早く地元に帰って来いと言う事。
 
 
 
私が実家に帰るのは
 
盆休みと年末年始の数日くらいで
 
ほとんど帰る事はありません。
 
 
 
なので、あまり会えず、
 
 
 
そして友達の性格やキャラクターが
 
職場の雰囲気と合っていない様なので、
 
かなりストレスを感じているみたいです。
 
 
 
今日も
 
20~30分くらいかなと思っていた
 
通話時間も1時間近く話していました。
 
 
 
特に用も無い電話で…。
 
 
 
友達と話している時は
 
高校時代に戻ったみたいです。
 
 
 
高校の本当に楽しかった思い出。
 
同じ部活の仲良し4人組。
 
誰が抜けても楽しい時間が成立しない
 
奇跡のような集団。
 
 
 
…だと、私は思います。

 
 
今はそれぞれ違う道を歩み、
 
住んでいる場所も
 
大阪府、東京都と
 
静岡県西部、静岡県中部(県内でも意外と遠いです)と
 
バラバラでなかなか集まる機会もなくて。
 
 
 
盆休みは
 
実家に帰るので、
 
4人で集まれたらなと思います。
 
 
 
地元の友達と会う時には
 
緊張するというか
 
かなり気合を入れて会う人が多いです。
 
 
 
会うと、
 
お互いに朝まで楽しみつくそうという姿勢の友達、
 
突然、家にやって来て、行き先も教えてくれない友達、
 
お互いに相手を笑わそうとして、
 
何時間も間もなくじゃべり続け合う友達、
 
どの友達も気を抜けません。

 
 
 
今年も
 
数日しか帰れませんが、
 
今から盆休みが楽しみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この日記は 
 
電話の後、友達から、
 
「今日の電話の事をブログに絶対書くなよ!!」
 
というメールでのフリがあったので
 
書きました。
 
 
 
書くなと言いつつも
 
明日、ブログをチェックすると
 
言っていたので。

|

« 足元 | トップページ | 洒落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足元 | トップページ | 洒落 »